呉・江田島の工務店 木の家の新築注文住宅なら三樹家

選ばれる理由

選ばれる理由
トップ > 選ばれる理由

選ばれる理由

R+houset とは?

いつか住んでみたいと思っていた理想の住宅がムダのないコストで実現できる。それがR+house です。
設計も優れている、構造も申し分ない、間取りや仕様も予想以上。そんな思い通りの家なら、きっとコストもかかるはず・・・
家づくりのポイントにちょっとした工夫で、コストを抑え、クオリティの高い注文住宅づくりを可能にする。
R+house はこの考え方に基づいて生まれました。

アトリエ建築家について

建築家がデザイン

どのような住まいなら、大切な家族との時間を育むことができるでしょうか。
家族の好みやライフスタイルを表現した空間。生活動線や目線を意識した、使い勝手の良い空間。
心地よい広がりのある空間など。
更に、R+houseの頼れる建築家は、ライフスタイルの変化にも柔軟に対応できるような工夫をプラス。
家族でずっと仲良く暮らしたい。そんな想いを叶えます。

■R+houseのアトリエ建築家って、どんな人?

アトリエ建築家は『住まいをつくるプロ』

アトリエ建築家は『住まいをつくるプロ』

R+houseには、ムダづかいをなくすための「ルール」があります。※R+houseのルール
そのルールに従って、ムダを省いた、性能の高いデザイン住宅、というのがR+houseです。
R+houseの建築家たちは「ルール」を熟知しており、その上で極めて素晴らしいデザインをつくることが出来る人たちです。

「建てるプロ」と「住まいをつくるプロ」は違います。
限られた予算の中で、どれだけお客様の家族構成や現在のライフスタイルを叶えていくか、あるいは将来を見据えた設計をするか、それらを全て叶えつつ、どうやって予算の範囲できれいにおさめていくのか。そういうことをするのが、住まいを作るプロなのです。

「住宅づくりが好きな人」=「人の生活をつくることが好きな人」にR+houseの建築家になってもらっているのです。ただ「かっこいいものが作りたいから建築家をやっている」というだけの人はいません。

「建築家」+αのチカラ

「建築家」+αのチカラ

日本には国家資格として「一級建築士」「二級建築士」といった資格があります。

「建築士」というのは、法規制や施工を考えて建物を計画、設計するために必要な資格です。
「R+houseのアトリエ建築家」は建築士という資格をもちろん持った上で、それに加えて暮らし方の提案や住みごこち、デザイン性の追求といった面に特長があると言えるでしょう。

アトリエ建築家について

R+houseのアトリエ建築家たちの想い

後から変えられないところ~地盤・設計・性能~にお金を掛けるべき、きちんと設計するべきと考えています。
また、ただ間取りを相談するのではなく、ライフスタイルに合わせた提案をするために、色々お伺いします。
費用とのバランスや土地・暮らし方とのバランスも考えて提案します。

■アトリエ建築家との家づくりとは?
あなたの夢をかたちにできるアトリエ建築家との家づくり
あなたの夢をかたちにできるアトリエ建築家との家づくり

『あなたの理想の家』を形にするのはすごくたいへんなことです。「間取り」や「収納の取り方」「窓の位置」・・・いろいろな知識と経験が必要で、しかもやり直しがききません。

それを実現する方法が建築家との家づくりです。R+houseのアトリエ建築家は、「あなた」の暮らしへのこだわりをお聞きして、実際以上の広がりを演出するような空間構成や、光と風の取り込み方など、土地を最大限に活かして様々な工夫をしながら、「あなた」に最適なマイホームをデザインしていきます。

回ヒアリング
第1回ヒアリング

建築家との打ち合わせの第1回は、「ヒアリング」です。

ここでは、あなたのライフスタイルや、将来のライフプランなどをお伺いします。

ご夫婦の趣味や、未来の家族像、お子様との家での過ごし方などを思い浮かべて、どういう生活を送りたいか、ということをお聞かせください。

「子ども部屋はいくつ必要でしょうか。何畳にしますか?」「リビングは1階?2階?」といった、お客様に間取りを考えさせる質問はいたしません。
これでは、本当に「あなた」の暮らしにあった提案は出来ないと考えます。

ヒアリングは将来にかけての家族の成長を深くイメージして、最適なプランを描くための最も大切なステップです。

回ヒアリング
第2回ヒアリング

ヒアリング結果を受けて、建築家が将来のライフスタイルまでしっかりと考え抜いたプランを、未来のマイホームの模型とともにご提示します。

建築家ならではのこだわりのポイントを聞きながら、そこでの生活をイメージしてみてください。

光や風の取り込み方、そこから見える景色まで考え尽くした窓の配置、将来必要になるであろう量まで見越した収納スペースなどなど、ご家族の生活スタイルの変化まで見越したプランに驚かれることでしょう。

もしも追加のご要望や調整のご希望などがある場合は、この時にご相談ください。

回ヒアリング
第3回ヒアリング

第2回で頂いたご希望を反映し、細部まで作り上げた最終プランの確認です。

「家づくりは『自己実現』」とも言われます。誰にでも、「ここだけはこだわりたい」というポイントはあるでしょう。アトリエ建築家のプランは、そんなあなたの趣味の世界や欲しいものを表現した「こだわり」の集大成です。

あとはキッチンや洗面台、壁の色やドアなどの仕様です。
色のバランスなどは建築家に相談しながら、好みの家に仕上げていきましょう。

ご納得いただけたら、確認申請・工事契約などの正式なご契約に移ります。
あとは出来上がるのをワクワクして待ちましょう!

高性能住宅

省エネ+長持ち+地震に強い
長期優良住宅の基準を超える高性能

デザインが自分好みでも、コストが抑えられても、夏暑く冬は寒い家、長持ちしない家、地震に弱い家では快適な生活はできません。
家族の思い出を刻む住まいだからこそ、快適に長く住める住まいにしたい。
長期優良住宅の性能基準を大きく上回るR+houseは、家族のそんな思いを叶えます。

■省エネルギー
長期優良住宅に標準対応した燃費のいい家

オリジナル高性能断熱パネルで夏涼しく冬暖かい家

住宅にも燃費のいい家と悪い家があります。住宅の燃費とは「冷暖房などのランニングコスト」です。住宅費用は「住宅ローンなどの購入費用」と「冷暖房などのランニングコスト」を合わせたものです。

R+houseは10年以上前に定められた「次世代省エネルギー基準」をもとに判定する長期優良住宅基準を満たすだけでは充分な性能ではないと考えています。

R+houseはオリジナルの「R+パネル」や高性能の窓サッシを使用することによって長期優良住宅基準を大幅に上回る性能を実現し、非常に燃費の良い快適・エコな住宅を追求しています。

高性能な家に不可欠な高気密・高断熱にこだわった家

高性能な家に不可欠な高気密・高断熱にこだわった家高気密な家とは、隙間が少なく熱損失が少ない家のことで、その性能はC値という指標で表されます。
C値は床面積1m2当たりの隙間面積(cm2)で示され、ゼロに近いほど隙間の少ない高気密な家と言えます。
これまでの日本の目標は5.0(cm2/m2)ですが、高気密にこだわるR+houseの標準は0.5(cm2/m2)です。
高性能な家に不可欠な高気密・高断熱にこだわった家高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことで、その性能はQ値またはUA値という指標で表されます。
Q値・UA値は断熱性能を表す指標で、小さいほど熱が逃げにくい高断熱な家と言えます。
次世代省エネ基準をクリアする一般基準は地域によりますが、一般的なⅢ地域・Ⅳ地域=東北の一部~九州の一部では、表の通りです。高断熱にこだわるR+houseは次世代省エネ基準を大きくクリアしています。

長期優良住宅を建てると資金面でもお得!

長期優良住宅だと税金の優遇があります。
住宅を長期に使用することで解体等で廃棄物の排出を抑制し、環境負荷を軽減すると同時に早期建替での国民の負担を軽減するためです。
ですから税金の面で多くの優遇制度があるのです。
R+houseでは、全店舗で資金計画をたてるための勉強会や、個別相談を開催しています。
ちょっとした知識で数百万円の差が出てしまいますので、どんな家を建てるかを考える前に、税金の優遇や資金計画の大事なポイントをまず抑えましょう。
「R+houseで建てる!」と決まっていない方も歓迎していますので、お気楽にご参加ください。

■耐久性
結露を防いだ耐久性の高い木造住宅

耐久性の高い木造住宅

木造建築は木を腐らせなければ長持ちします。代表的な例が法隆寺でしょう。木は耐久性に非常に優れた建築材料なのです。きちんと設計・施工・メンテナンスを行い上手に木造住宅と付き合うことが大切です。

木材の耐久性を落とすのは”結露”

木材の耐久性を落とすのは”結露”

木は「木材腐朽菌」によって腐ります。「木材腐朽菌」は結露によって木材が含む水分が増えることで発生します。結露対策は目で確認できる室内と、普段見ることのできない壁の中の両方に対策が必要なのです。このためには、「断熱」「気密」「換気」の3つの要素が重要なのです。

R+house は高気密・高断熱で長持ち

R+house は高気密・高断熱で長持ち

R+houseオリジナルのR+パネルは水分を通しにくい断熱材(硬質ウレタンフォーム)が室内からの水蒸気を防ぎ、通した湿気も通気層から吐き出し、躯体内の乾燥状態を保って耐久性を高めます。高い気密性を確保して、計画的な機械換気をしっかりと行い、いつもちょうどよい湿度に保ちます。このような仕組みによって、耐久性の高い木造住宅を実現しています。

■耐震性
構造専門の建築士とR+パネルで地震に強い家

R+houseは全て構造専門の設計士が耐震性をチェック

全てのR+houseは、アトリエ建築家とは別に構造専門の設計士が耐震性をチェックしています。

建物への荷重
建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など長期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。
風圧力
台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しない事を確認します。耐風強度2の確保も可能です。
地震力
地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しない事を確認します。R+houseでは耐震等級2を標準とし、耐震強度3の確保も可能です。
接合部の確認
外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。
基礎の設計
建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。
偏心率
建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレが大きくないことを確認します。

面全体で力を支えるパネル工法

R+houseは、オリジナルのR+パネルで面全体を支える「パネル工法」です。面全体で力を支えるので力が分散し、強い横からの力に耐えることができるのです。

面全体で力を支えるパネル工法

地震の横揺れにも強く、液状化にも強い地盤改良工法を標準採用

面全体で力を支えるパネル工法大地震では、図のように地層も境目に沿って「せん断力」がかかります。従来の鋼管やセメントの柱で家を支える方法は、この「せん断力」には弱いと言われています。
R+houseが全店標準採用している「HySPEED工法」は、地盤に孔(あな)を堀り、砕石を詰め込んで石柱を形成する地盤改良工法です。砕石孔はせん断に対して追随するので孔自体の破損は起こりません。また、地盤そのものを強くしますので、地震の揺れによる共振をやわらげる効果がありす。十勝沖地震(震度6.4)や阪神大震災(震度7)でも、砕石を使った地盤改良では大きな被害はありませんでした。
また、強い地震があったとき、地盤の液状化は非常に怖いものですが、HySPEED工法の砕石杭は、それ自体が水を通すため、水圧を逃がす効果があります。何本もつくられた砕石杭により液状化が発生するリスクを低減することができます。

砕石パネルで「せん断力」に対抗
地盤について詳しくは >>地盤.jp
無駄なコストを削減

建築家とのこだわりの家づくりを
手の届く価格で

R+houseは「新しい時代のオーダーメイドハウス」。
一流の建築家が設計する住宅でありながら、仕入れ・時間・手間などを省く合理的な工夫を随所に取り入れ、経済コストも同時に追求した注文住宅です。

■セミオーダー
材料の使い方に”ちょっとだけ”ルールを決めることで、”大きな”コストダウンを実現しました。

ムダづかいをなくすための「ルール」を設定
オートクチュールの“もったいない”をなくすとどうなる?

セミオーダー

一般的なフルオーダーの注文住宅では、必要な建材が多様になることが多く、寸法も様々で、目に見えないところでコストがかかってきます。

実は注文住宅のコストを上げているのは材料のムダづかいや購入の手間、職人さんの手間賃、長引く工期などです。
でも初めて家を建てる人に、コストのかかるところ・かからないところを判断するのは難しいことです。

そこで、R+house[アール・プラス・ハウス]はこの目に見えないコストを極力少なくするための「ルール」を作ることで、クオリティは高いままコストを抑えた注文住宅づくりを可能にしました。

セミオーダー

単に、質を落として安くした住宅なら世間にあふれています。でも、それでは意味がないのです。
注文住宅というからには、100人100様の個性も必要ですし、クオリティの良さは大変重要です。

完全にゼロから自由に作る「オートクチュール」ではなく、自由にできる“幅”を大きく残しながら“もったいない”をなくすルールの中でつくる「セミオーダー」。それがR+house[アール・プラス・ハウス]のコンセプトなのです。

■建材仕入れの工夫
厳選した建材をメーカーから直接しいれることで、材料費を大幅カットできるようになりました。

Webによるメーカー直発注システムでコストダウン

Webによるメーカー直発注システムでコストダウン

通常の建材などの部材仕入れでは、費用に問屋・商社など間にはいる業者の事務所費用、人件費、倉庫維持費などが含まれます。
R+houseではWebによるメーカー直発注システムを採用することで、間に入る業者(問屋、商社)をなくし、その分コストダウンに成功しました。

部材先払いシステムでコストダウン

建材仕入れの工夫

通常、建材などの部材には、住宅会社の倒産リスクや中間業者のサービス価格が一定の割合で含まれています。
R+houseは、メーカー直発注システムによる中間業者のサービス費用カットに加え、部材先払いシステムにより住宅会社の倒産リスクの費用もカット、高品質のものを価格を押さえて仕入れる工夫をしています。

■価格のヒミツ
あとで変えられないところからコストをかけていく
■価格のヒミツ

R+houseの価格=スタンダード+オプション

R+houseは標準仕様で長期優良住宅の基準をクリアする性能を持っています。省エネルギーで耐久性も耐震性も高い住宅が標準仕様で実現できます。
R+houseの標準仕様はデザイン・性能・コストを両立するために、寸法・仕様・外観・設備それぞれに「ルール」を設定しています。 断熱材やサッシなど性能に関わる部分、床材など後から変えるのが難しい部分からしっかりと固めた仕様なのです。
この標準仕様で建てた場合の価格がR+houseのスタンダードプライスです。

R+houseは標準仕様の中で幅広い家づくりを実現できるようになっていますが、標準仕様を超えた仕様にしていくことも可能です。ご予算に応じて必要な部分をオプションで足していく自分だけのマイホームをデザインすることができるのがR+houseの家づくりです。予算に合わせてこだわりのオプションを追加して、家族の理想の家をアトリエ建築家と創っていきましょう。

フルオーダー

フルオーダー

ワンランク上のフルオーダー・完全注文住宅
お客様ご自身で間取りを考えることができます。
家の隅々までこだわりたい!!お金をかけたい!!という方にオススメです。
設備すべてがハイグレード仕様です。

セミオーダー

セミオーダー

アトリエ建築家がお客様の生活スタイルやお好みに合わせて、一から間取りを設計します。
暮らしやすく、手に届く価格でおしゃれでかっこいい家に住みたい!!という方にオススメです。
膨大な種類の中から、デザイン性・価格・耐久性が総合的に優れたものを厳選し、その中からセレクトできます。

セレクトオーダー

セレクトオーダー

アトリエ建築家が設計した500通りの間取りから、土地に合った間取りを選ぶセレクトタイプ。
細かい打ち合せは時間もなくて面倒…。でもおしゃれでかっこいい家が手頃な値段で欲しい!!という方にオススメです。

Q1 R+house[アール・プラス・ハウス]といままでの注文住宅とではどこが違うのですか?
注文設計でありながら、部材や仕様や設備に一定のルールを設けたところです。そうすることで、職人さんの手間が省け、作業日程にムダがなくなり、建築時間も短縮できます。しかも、お客様が途中で素材選びの選択に悩みすぎる負担からコストの負担まで少なくできるようにしました。
Q2 コストを下げても構造や性能には影響はないのでしょうか?
むしろ品質が上がっているといえます。質を落としてコストを軽減するローコスト住宅とは違い、職人さんが仕事をしやすいようなルールや、部材の仕入れシステムをきちんと整えることでコストダウンを図る画期的な省コスト住宅ですから、家の構造や性能を左右する部分には驚くほど高品質のものを標準として使っています。
Q3 ハウスメーカーとR+house[アール・プラス・ハウス]では作り方のどこが違うのですか?
ハウスメーカーの注文住宅は、あらかじめ工場で屋根、壁、床などをユニットにしたものを現場に運び組み立てます。R+house[アール・プラス・ハウス]では、すべて現場で行います。現場での施工手間が極力かからないように寸法、仕様、設備などに細かいルールを設けて合理的な家づくりをしています。
Q4 ルールがあると、どこも同じように見えませんか?
R+house[アール・プラス・ハウス]では、きちんとお客様からヒアリングをして設計図を描きます。しかも、全国で幅広く活躍するアトリエデザイナーといわれる感性・経験の豊かな建築家が、お客様のご意向や土地の条件を反映してオリジナル図面をつくりあげます。だから、一見すると似たように見えても、まったく違う個性の家が完成します。
Q5 土地探しも手伝ってくれるのですか?
土地探しは非常に地域性の差がある分野ですので、R+houseでの統一の視点を各店で共有し、不動産会社とのやりとり、探す条件、地元情報などを各店舗にてご支援させて頂いております。不動産業務を店舗で行うわけではございませんので、費用は発生しない範囲でのご支援となります。
Q6 自分が描いているプランでもR+house[アール・プラス・ハウス]で建ててもらえますか?
もちろん、どのようなオリジナルプランでも建てられます。ただ、建築家はそのプランやヒアリングから、お客様のライフスタイルや本当の要望を読み取り、更にR+house[アール・プラス・ハウス]の合理的なルールに基づいた、真にお客様の思い描くプランを実現してくれることでしょう。
Q7 アンティークのドアをつけたり、海外の大型設備を取り付けることはできますか?
もちろん、注文住宅ですからそのようなご希望にも沿うことはできます。その場合、形状やサイズがR+house[アール・プラス・ハウス]標準のモジュール寸法から外れ、施工が困難になり、職人さんの手間や作業時間がよけいにかかることになります。その点で、部材費に加えてコストに影響がでることをご容赦ください。
Q8 R+house[アール・プラス・ハウス]で進めていて、フルオーダーの注文住宅に変更することはできますか?
もちろんお客様判断で変更はできます。R+house[アール・プラス・ハウス]は注文住宅を効率よく合理的にすることでコスト削減を実現できる家です。そのため、ルールに縛られたくないとか、金額はあまりこだわらないというお客様には最初からフルオーダーの注文住宅をおすすめすることもあります。
Q9 オプションのこと、金額のことについて教えてください。
オプションとはルール以外の施工、仕様、設備などのことです。R+house[アール・プラス・ハウス]は、ルール内で家を建てると一般注文住宅よりコストを抑えクオリティの高い家を提供することができる画期的なシステムです。ですから、ルール内に納まらない形状やサイズをご希望の場合は、職人さんの手間、材料を含め、すべてオプションとさせていただき別途料金がかかります。
Q10 インテリアなどは好みのものを選べるのでしょうか?
インテリアは住み心地を左右する大切な要素です。R+house[アール・プラス・ハウス]はルールがあっても室内建具や床材、壁の素材など、室内イメージに関わる部分には選択肢を設けています。
ヒアリングの段階でお客様のご希望するテイストを出来るだけ活かすように、建築家がご相談に応じます。
Q11 標準仕様にウッドデッキやバルコニーが無いようですが、つくれますか?
問題なくつくれます。R+house[アール・プラス・ハウス]は基本的なルールがあっても、すべてオプションのご用意があります。もちろんオプションには別途料金がかかりますが、その金額は明確です。
すべてを思い通りに自由建築にしたい場合は別ですが、こだわりたい場所が限られている場合には、R+house[アール・プラス・ハウス]の家づくりを基本にすることでコストを削減しながら、最終的に想像以上にクオリティの高い家を完成させることができます。
お問合せ・資料請求
お問合せ・資料請求
ページトップへ