呉・江田島の工務店 木の家の新築注文住宅なら三樹家

ブログ

ブログ
トップ > 建築家 田淵一成先生との出会い◇呉・江田島で建築家注文住宅Blog108

ブログ

建築家 田淵一成先生との出会い◇呉・江田島で建築家注文住宅Blog108
投稿日:2017年07月26日
一覧に戻る
こんにちは☆


三樹家の高橋です(*^^*)




先日の

アールプラスハウス研修会で


建築家

田淵一成先生から


素敵なお話がありましたので

ご紹介いたします☆


 ↓  ↓  ↓


田淵一成先生



鹿児島県生まれ

福岡育ち・在住



建築家としてデザインを

提供しています



田淵先生が考える、

”デザイン” とは?


美しい

使いやすい

永く愛される

訴える



ものを作り出す工夫



また、

これらには


ステータス

高級感

人から羨まれる


など


付加価値もついてくる




ただ、

見た目だけを重視して

デザインしているだけではない



外的要因と内的要因の

関係性を読み解きながら

作っていく




外的要因とは


時代

季節

地域

地球環境

社会

コミュニティ

法律

温熱環境

安心安全

プライバシー

メンテナンス

コスト

構造

光

風

眺め

家族

・
・
・




内的要因とは



夢

コミュニケーション

生活

賑わう・集う

学ぶ・楽しむ

ストレス

やすらぎ

触れる

香り

味わう

音

機能

快適性

性能

家事

とき

美しさ

愛着

風合い

・
・
・



外的要因は

彫刻で削っていくイメージ。



内的要因は

内側から粘土が湧き出す感じ。




これらは

絶対的なものではない



例えば


「光が入るから

ここに窓を設けないといけない」


ではなく、


「光が入るから

ここに窓を設けた方がいい」




「光」という要因を

単体でみるのではなく


それぞれの関係性によって

決まってくる




様々な関係性を読み解き

コストをコントロールしながら

家族の想いをカタチにする




設計するとき、

気を付けていること。



大きな地図を俯瞰して見ることによって

その敷地が

どういう地形に位置しているかを

探る




(↑実際にこう言った地図を見られるそうです)


山がある住宅地なら、

風がどう流れるのか


など
実際にその土地に建って

建物がどう見えるか


その場の雰囲気を感じとる



敷地周辺を広く散策してみる


そうすると

色んな発見がある




コケが多い、


一本路地に入ると

いい景色がある、



など



2階から見える景色は

想像つきにくいが



敷地の周辺を

ぐるっと見てまわると

なんとなく分かる






設計を手掛けた事例


コンパクトな二世帯住宅

~仲の良い嫁姑問題~



二世帯住宅の難しいところ

お互いがなかなか本音を言わない。



「一緒に住んだことがないので

どうなるか分からない」


とお客様。




お互いが、

キッチン・お風呂・トイレなど

共有部分は全部共用でいい、



と言われたが・・・



雑談の中から

少し不安を感じたので


+α の提案。



親世帯・子世帯の

生活も時間帯も違うので


洗濯機・物干し場・ミニキッチンを

別に設けた。



2階が子世帯、


1階が親世帯。





会話の中で

声にならない声を聴く




お客様がやりたいことは


こうなんじゃないか、と

導いていく。






2時間 × 3回 = 6時間




これは、


建築家とお客様との時間。


1回目 ヒアリング 2時間

2回目 プレゼンテーション 2時間

3回目 プラン確定 2時間




なかでも一番大事にしているのは

1回目 ヒアリング。




1枚のスケッチブックに

ヒアリングしたものを書き留める

会話の中で

声にならない声を聴く。



読み取る。



2回目のプレゼンテーションまでに

ラフプランを描き

プレゼンに臨む。






3回目プラン確定 は

ほぼ変更がないので

やることがない



時間が余り

雑談で終わり。





お客様 加盟店 建築家



チーム。

みんなでつくる。



家族の幸せを

楽しみながらつくっていきたい




我々が楽しんでいないと

お客さんも楽しめない




みんなで

思いっきり

家づくりを楽しみましょう

 ↑ ↑ ↑


とても素敵なお話でした☆


田淵先生、

ありがとうございました(*^^*)



外的要因と内的要因のお話のときに


「外的要因は彫刻で削っていくイメージ、

内的要因は粘土が湧き出す感じ」


というのがとても印象的でした!



私のような凡人には

全く想像がつかないものが


見えているのかなって

感じました!

Σ(゚Д゚)



私は

建物は建物にしか

見えないけれど



田淵先生は

建物だけでなく


それ以外の要因や

要素が

見えているようでした!




「会話の中で

声にならない声を聴く」


これ、すっごい分かります!!



私も

頭の中や心に思っている

伝えたいことがあるんだけど



相手に伝わりやすく

言葉に表すのが

下手なので(-_-;)




田淵先生のように、


こちらが伝えようとしていることを


上手に言葉にできずとも

感じ取ってくれたり




想いを整理し

導いてくれて




それがカタチになると


すっごく感動しそう!!!




『あ~想いが伝わった!!


思い描いていたのは


まさにこれです!!(≧▽≦)』


みたいな!





最後に

「家づくりは

お客様・工務店・建築家の

チームで、


楽しみながら

作っていきたい」


という考え方に

とても共感しました!!




世間には

「お客様は神様だ」色がまだ在って



お金を支払う側が

強い立場にあります



特に

家づくりって

ご家族の暮らしを作るのが

お仕事なので



どうしても

ご家族に踏み込みます


お金のこと、

ご家族の問題、

日々の暮らし...




強い立場で

来られると



(三樹家でそういうお客様は

いらっしゃいませんが)



人間は

委縮してしまい

逆らわないよう


いいなと思っても

提案しづらくなる




これって結局

回りまわって損するのは

お客様・・・




逆もダメだと思います。




お客様に対して

知識を武器に

私たち住宅を作る側が

強い立場になるのも

ダメです!




田淵先生が

おっしゃるように、



お客様・工務店・建築家

みんなが対等な立場で

同じ目的に向かって

すすめていく




一つのチームとして

楽しんで進めていくことが



結果的に良い物を

生み出すのかなって


思いました(*^^*)




いつの機会になるか

分からないけど



田淵先生との

家づくりに

携わってみたいな、


と感じた出会いでした☆☆☆



呉、江田島で

アトリエ建築家とつくる家

R+house呉 三樹家

 

Q.信頼できる住宅会社を見極めるコツは?  

≫≫「賢い家づくり勉強会」

Q.家づくりについて色々話したり聞いてみたい♪ 

≫≫「家づくりCafe’」へ   

Q.家を建てる前に、お金のことをキッチリしておきたい!  

≫≫「FP資金計画相談会」

 

R+house建築事例

随時公開中♪

http://sankiya.jp/constructions

 

R+house って?

http://sankiya.jp/concept#house

アトリエ建築家って?

http://sankiya.jp/concept#atelier

 

資料請求&お問い合わせはコチラ

http://sankiya.jp/request

↑ クリック ↑

家づくりカフェ♪
  

おいしいコーヒーを飲みながら

家づくりについて

一緒にお話ししませんか?



************

参加無料(*^▽^*)/

参加特典:カフェドリンク&お菓子

************

お子様もぜひ一緒に

ご参加ください(/・ω・)/♪

♪ご予約はこちら♪

http://sankiya.jp/seminar#cafe

↑ クリック ↑

◇三樹家の場所はココ◇

https://goo.gl/9kDDKE

↑ クリック ↑

 ◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

LINE@

始めました(^^♪

↓ 今すぐタップ♪ ↓ 

友だち追加


			
ページ先頭へ
 バックナンバー
 カテゴリー
ブログアーカイブ
CONTENT
お問合せ・資料請求
お問合せ・資料請求
ページトップへ