ブログ

Blog
トップ > ブログ > R+house建築事例を見ていて、気付いたことはありませんか? 呉市 注文住宅 高気密高断熱
Blog
ブログ 日々の出来事をお届けします
R+house建築事例を見ていて、気付いたことはありませんか? 呉市 注文住宅 高気密高断熱
投稿日:2021年05月10日
一覧に戻る
こんにちは。

三樹家の銭谷です。


三樹家のホームページにも

載せていますが、

R+houseの建築事例を見ていて

何か気付いたことはありませんか?




ヒント

これらの写真を見てください。

 ↓  ↓  ↓









もうお気付きですね!

そう!

吹き抜け!!



R+houseのおうちは

リビング吹き抜けが

よくあるんです。





見た目デザイン性もありますが

空間を広く見せるという

建築家による設計の意図があります。




こんなに吹き抜けてるのに

なんと!

ほとんどのお家が

エアコン2台で

まかなっています!

どうしてこんなことが出来るのでしょうか?



それは・・・

”住宅の性能が良いから”

です。





室内の空気の流れ

換気をコントロールするために

家の隙間をなくし気密性を上げて、



室内の温度が

外気温に左右されないように

家の断熱性を上げているからです。



住宅会社さんで

「リビングは吹き抜けにしたいんです!!」

というと、

「吹き抜けは見た目はいいけど、

エアコンが効かないから

やめておいた方がいいですよ!」


と言われると聞いたことはないですか?




これは、うちの会社は

「住宅の性能が低いです」

って言っているようなものです。






家の性能が良ければ

吹き抜けにしても

問題ありません。



R+house のおうちは

家の性能に自信があるから

こんなことが出来ちゃいます♫





決して

見た目だけじゃないんですよ。





こうした空間のデザインも

ただ見た目の為じゃなく、

一つ一つに意味があり


住む人が暮らしやすいよう

意図があって

全て設計されています。



R+houseの写真を持って行って

「これと同じようにしてください」

と言えば、”それっぽく” はなります。




見た目が”それっぽく”なってはいるけど

”他人の暮らしやすさを模倣したもの”

が果たしてあなたの暮らしやすい空間に

なるのでしょうか?




そこに住む人の暮らしやすさを考えた

建築家による設計の意図までは

決して真似できません。

この記事の投稿者:銭谷 友実
この記事の投稿者:
銭谷 友実
ページ先頭へ
家のこと、資金・土地また
家づくりセミナー・塾についてなど
家づくりのことなら何でもご相談ください。
フリーダイヤル
0120-995-363
〒737-0112 広島県呉市広古新開8-33-8
受付時間 9:00~18:00 定休日:水曜

メールでのお問合せはこちら

メールでのお問合せはこちら

お問合せ・来店予約
ページトップへ